2016年7月28日 木曜日更新


第2回 国際シンポジウム 木質科学と木工芸2016 WSC2016

木工芸の美と技


2016年9月20-23日

京都大学 益川記念館、 同旧演習林本部棟

京都市左京区北白川追分町


会議のテーマ:


木工芸と関連する木質の基礎科学

 木工、物性・材質、組織構造、表面処理、保存処理、非破壊検査、木質文化財 など


木材を用いた工芸や建築関連技術

指物など木竹工芸、漆、伝統木造建築、数寄屋建築、大工道具など


公開シンポジウム
平成28年9月22日 午後 (無料で一般公開、要事前登録)
 「木工芸の美と技 その東西交流」
キャサリン ラヴィエール 氏 (ソルボンヌ大学)
渡邉 晶 氏 (建築技術史研究所)
大藪 泰 氏 (京都市産業技術研究所)


見学ツアー(必見) 京都市内および周辺の木工芸関連施設の見学
少人数のグループ見学
伝統木工芸の工房、研究所、文化財建造物の保存修理現場、町屋・社寺建築の見学


木工芸の技、実演と展示 (準備中)

協力
日本学術振興会二国間交流事業
笹川日仏財団
京都文化交流コンベンションビューロ
京都大学総合博物館

後援
京都大学・京都府・京都市・在京都フランス総領事館
フランス国立極東学院・京都市産業技術研究所・日本木材学会
(他依頼中)